求人への道とは?|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

新着情報

広告

求人への道とは?

街で見かける求人誌やフリーペーパーなどに未経験者歓迎という文言をよく見ます。その中には資格が不要だったりするものや、もしくは資格を業務をこなしていく上で取得していくような求人もあったりするのですが、確かにこの超就職氷河期において資格というのは求人を見て就職するにしても、または転職をするにしても非常に高いアドバンテージを持っております。例えば、普通免許の資格でも何らかの機材を運ぶ職業であったり、非常に役立つことが多いです。さらに言えば今はTOEICなど、おおよそ一流企業と呼ばれている企業においては英会話の資格やスキルを持っていると非常に転職もスムーズに進むことがあります。

また、これから新卒で内定を目指す大学生の皆様ならSPI3という資格もありますね。これはリクルートが出題する適性検査と呼ばれるものです。基本的な国語問題や簡単な英単語、さらに少しひねった問題の出る数学などが出題される資格です。このSPI3の資格を持っていると、就職試験などで非常に回答が楽になります。こういったTOEICやSPI3、もしくは漢検1級や英検1級など、アピールできる資格というのは持っていても持ちすぎているということはないのです。

さて、ここまで読んでみると、就職や転職にはこの資格という武器が非常に役立つということがお分かりになるかと思います。実際に学歴上高校卒でも、例えば大学で取得するような資格を取得していると就職面接や転職などにおいてはかなり有利になります。自分の学歴を資格という武器を逆手に取って挑めば、面接官の印象も確かに良いものとなります。

私の経験で恐縮なのですが、今現在私はある広告店でWeb制作の現場に携わらせて頂いております。しかし実は私は最終学歴は中学卒です。そしてその後通信制の高校に入学し、なんとか大検、今は高等学校卒業程度認定試験という名に置き換わっていますが、それを受験して高校卒業と同程度の学力を保有している資格を身につけました。しかし、それでは資格の欄に書けるのはそれしかありません。しかし私は14歳のころからWeb制作を趣味の範囲で行っており、その自分が行ってきた活動を面接時にアピールしました。例えば、2011年3月11日の東日本大震災から半年後の8月に、市内のボランティア規模で発足したプロジェクトに携わらせて頂き、Webのフロントページの全作成に関わらせていただきました。そういった経験を面接でアピールし、中学卒の私でもなんとかいっぱしにサラリーマンができています。

このサイトをご覧になった皆様には、どうかご自分の可能性を大いに伸ばせる資格というものの魅力と強みを実感して頂き、これから資格社会になるであろう日本において、どうか求人と転職を成功させていただきたいと切に願っております。

(C) 求人への道 All rights reserved.