ホテルにも負けないレストランのサービス技能検定|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

ホテルにも負けないレストランのサービス技能検定

レストランは、種類が豊富にある。24時間営業の店からホテル、超がつく一流のレストランまで数えることが出来ないくらいにある。レストランには、衛生上の資格などしかないと思われている人が多くは無いであろうか、それは間違いである。レストランには数ある資格の中から選ばせてもらうと「レストランサービス技能検定」というのもがあります。これに合格すれば「レストランサービス技能士」(1級、2級、3級)が国から与えられる
これは、サービス関連では唯一の国家資格であるので、持っているだけで社会的な信用が高まります。なぜならば、これはレストランの技能検定である為に、料理だけではなく、接客マナーや苦情処理、テーブルサービス、ワゴンサービスなどにいたレストランに関連すること全てが関わっているからです。

それ故に、レストラン関連の求人に転職する時に、この資格を持っていると、とても有利なのです。上記に述べたように、この資格は1~3級まである。3級は比較的簡単に取得できるが、2級、1級となると資格を保持している年数や、その間に実務経験が無くても効果がなくなってしまいます。常に働いている人にしか効果をもたらさない資格かもしれない。

この資格をお持ちでない方は、その知識を得るためにより一層の努力をして頂きたいと
思っています。

(C) 求人への道 All rights reserved.