【アパレル店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、本郷は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【アパレル店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、本郷は言う。

まずはアパレル店員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

アパレルショップは、衣類を取り扱います。主に販売系の仕事ですね。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

特にありません。但し、色彩検定など、何らかの検定を受けておくと有利なのかもしれません。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

FLEA

企業理念

とにかく目指すは「1位」であること。他の追随を許さない経営が出来れば、失敗することはないのだから。

企業情報

会社によっては、企画やデザインなども一手に引き受けている所もあるかもしれませんが、当社の場合は、販売だけに特化した経営となっております。その分、事業を専門的に特化させることができ、開業当初より、好調な売り上げを維持してますね。

販売を特化し、さらには他者を寄せ付けない業績を上げるためには、通常の販売員のような、トークに頼り切った手法ではダメですね。カラーコーディネートを学ぶことは、当社では当然のこととなっておりますし、中には心理学を学んでいる者もおります。販売員各々で、試行錯誤を行い、好調な成績を保っている。これが、我が社の誇れる部分。一般に言われるアパレルの販売員とは、全く別の職務内容だと思って頂いた方がいいかもしれませんね。

求める人材

求人人材は、とにかく、上を目指す方。ハングリー精神旺盛な方。もちろん、販売員としてトップの成績を残し、その成績が評価に値するものであれば、店長やリーダーなどの役職をご用意。

(C) 求人への道 All rights reserved.