【呉服店店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、田宮は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【呉服店店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、田宮は言う。

まずは呉服店店員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

呉服店は、着物及び和装小物の専門店の事です。最近は少なくなっているとは言え、残存のショップの売り上げは好調。老若男女、訪れるお店となっているのがほとんどですね。日常で着る人は少なくなっているのでしょうが、行事での着物率は依然として高く、この分野を厚くしていくことで、充分に利益は出していける計算ですね。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

着付けに関する知識と技術は必須。それにプラスアルファとして、着物用のメイクやヘアスタイルなども出来れば、さらに重宝される人材となるでしょう。あとは、着物はカラフルであることが多いので、カラーコーディネートの知識もあれば、尚良し。求人への道にはそこまでの希望は記載していませんが、やはり並の知識では採用は難しいものとお考えください。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

結愛株式会社

企業理念

着物の着こなしを伝える。着物がもっと愛される存在になるために。

企業情報

「伝える」力をお持ちの方を求人しています。ただ来て欲しい……というのではなく、「着ることでこんな効果がある」と伝えることで、着物に対する人の意識は大きく変化しますから。

求める人材

着物に対する知識は必須。他、着物に活かせる資格や技術も必須。あとは、発信力や着物を着るのに適した体型や髪形、お顔つきであれば尚良し。また面接に限らず業務は和装にて行うため、着物にそぐわないメイクやヘアスタイルの方は、知識や技術をお持ちの場合でも採用は致しかねますので、ご了承ください。

(C) 求人への道 All rights reserved.