介護職につくなら|求人への道

最新新着情報

【車用品店スタッフ】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、吉村は言う。 】を10月7日にUPしました。

介護職につくなら

介護の仕事は、施設での介護から訪問介護までいろいろな仕事があります。仕事によっては、無資格でも行えます。しかし、より高度な技術を身につけようと思うと、資格取得が必要になります。

まず、訪問介護員(ホームヘルパー)の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか? 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)を必須とする求人があります。持っておくと転職に有利です。2013年4月、ホームヘルパー2級が廃止になって、介護職員初任者研修が新設されました。受講時間はホームヘルパー2級と変わりません。修了試験が新たに導入されています。

次に目指したいのは、やはり国家資格の介護福祉士でしょう。介護福祉士は、生活に支障がある人の介護や、家族介助者へ助言・指導ができる資格です。広く知られている国家資格なので、介護のプロと言われるかも。実務経験が必要ですので、介護職員初任者研修を先に取得して、介護福祉士を目指してみるといいでしょう。

次に目指すなら、ケアマネージャーはでしょうか? 介護支援専門員と言います。介護を受けることになった人のために、介護サービスの計画を立てる仕事です。介護の相談にのったり、いろいろと手配したりと、全体的なサポートを行います。最終的に、ケアマネージャーを目指してみては?

(C) 求人への道 All rights reserved.