【介護福祉士】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、小路は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【介護福祉士】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、小路は言う。

まずは介護福祉士とはどういったものなのかを説明しようではないか。

介護福祉士は、体の不自由な人などが日常生活で困難なことに対して、それらを援助する事が主な仕事となります。トイレや着替えなど、利用者の行動におけるサポートを行う「身体介護」、洗濯や買い物の代行など、家事を代行する「生活援助」、利用者からの相談に対する「助言」、および地域住民との関係を支援する「社会活動支援」、この4つが基本的な業務内容となります。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

介護職員初任者研修を修了していれば、介護職員として働くことはできますが、介護福祉士として働くならば、国家資格である「介護福祉士」は必須です(名称独占資格のため、取得しなければ「介護福祉士」と名乗る事ができません)。運転免許(できればMT二種)も可能であれば取得しておいた方が良いですね。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

ハピアス株式会社

企業理念

温かな心を伝える。温かな気持ちが通う。そこに生まれる、ハピネス!

企業情報

介護のお仕事は、優しさが根底になければ出来ないお仕事です。そんな優しさをお互いに交換し合うことで、そこに「幸せ」が生まれるのだと感じています。

求める人材

介護系のお仕事で、主となる役目を担っているのが、介護福祉士のお仕事。求人も多く出ていますが、辞める方も少なくはありません。長く働いて頂く、そんな根性をお持ちの方を募集。詳細は、求人への道でご確認を。

(C) 求人への道 All rights reserved.