【家事代行】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、河西は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【家事代行】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、河西は言う。

まずは家事代行とはどういったものなのかを説明しようではないか。

家事代行は、依頼者のお宅に伺い、依頼者に代わって家事を行うお仕事です。お買い物や掃除だけでなく、お子さまのお迎えや、庭のお手入れ……といった内容まで、かなり幅広いです。ご年配の方だけでなく、小さなお子さまをお持ちのお母さまや、お一人暮らしの方……と利用される年齢層も幅広く、また近年では共働き家庭の増加に伴って、依頼件数の方も増加傾向にあります。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

特に必要となる資格はないものの、家事のスキルを確認した上で採用というのが多いと思います。また、訪問業務という特性上、普通免許はあった方が圧倒的に有利と思います。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

SUNS株式会社

企業理念

お客さまの母となる。そのような気持ちでお仕事を!

企業情報

家事代行を頼まれる方は、大半が、大変お困りの末に、どうしようもなくなり、依頼されてきます。というのも、何かしら「家事を人に頼むことへの罪悪感」があるようで。そのような思いを払拭できるような、事業展開をしていきたいと思っていますね。

求める人材

求人内容は、求人への道に記載されている通りですね。お読み頂いた上で、「できそうだな」と感じて頂けたり、「我こそは!」と思って頂けたのであれば、ぜひ応募してください。初心者のご応募は、少々辛口となりますこと、事前にご理解頂けるよう、お願いします。

(C) 求人への道 All rights reserved.