【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、蓼野は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、蓼野は言う。

まずは生活相談員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

生活相談員は、福祉関係の施設における利用者からの相談を受けるのが主な仕事です。事業所内に、必ずお一人、常駐していることが義務となっています。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

生活相談員は、ケアマネージャーなどのような必須となる資格は特にありませんが、福祉関連における知識は不可欠なため、福祉関連の資格(精神保健福祉士など)を取得していた方が良いですね。

あと、利用者との相談業務以外に必須となる業務が、内部職員と外部職員の連絡調整。事業所の運営を全体的に見渡せる位置にいること、マネジメントや管理業務などができることが、資格面以外で求められる能力ですね。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

ライクスハート株式会社

企業理念

利用者さまの笑顔のために。そして、利用者さまに幸せになって頂くために。

企業情報

介護とは、利用者さまに喜んで頂ける作業内容でなければいけません。喜んで頂けていないということは、何かしら、スタッフの側に自分勝手な事情が見え隠れしているから。それを一切なくし、喜びや幸せに満ち溢れた施設へと、盛り上げていきましょう!

求める人材

求人への道に詳細は記入していますが、求人の必須条件としては、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格などをお持ちの方ということと、介護系の福祉施設にて2年以上の勤務経験をお持ちの方、ですね。今回、予備人員も含め、3名の求人を行っています。

(C) 求人への道 All rights reserved.