【運転手】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、水流は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【運転手】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、水流は言う。

まずは運転手とはどういったものなのかを説明しようではないか。

介護系の施設には、利用者さまや、そのご家族さまを送迎するためのバスがあります。それを運転するスタッフが常駐しており、時間に合わせて定期的な運行をしているのです。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

まず、運転手を目指すのであれば、大型二種自動車運転免許が必要ですよね。大型バスの運転にはコツがいりますので、取得後2年程度の経験を積まれていることを、必須としています。その上で、当該所在地に詳しい方だと尚良いですね。渋滞ルートを回避する術を、その場で判断できる程度の理解があると、嬉しいと感じます。その上で、介護資格などもお持ちであること。走行中に、利用者さまにどんな変化が起こるか分かりません。そんな「イザ」という時に、適切な判断ができて、さらには対応できる方が望ましいですね。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

なごみ処

企業理念

気持ちの良い活動、それには、スタッフ全員のプロ意識!

介護系の施設では、全てのスタッフが、それぞれの場所において、しっかりと自分の役割をこなせることが重要です。当施設の企業理念にもある「プロ意識」。自分の役割は、自分でこなす。このプロ意識があってこそ、利用者さまは安心し、そして気持ち良く、活動をすることができるのです。

求める人材

当施設の仕事では、活動する上において資格が必要となることも多々あり、簡単にはお手伝いをするわけにはいかないので、求人への道に記載している資格の取得、そして経験をお持ちの方である必要が多大にあります。

(C) 求人への道 All rights reserved.