【建築士】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。|求人への道

最新新着情報

【特許事務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、野上は言う。 】を3月16日にUPしました。

【建築士】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。

まずは建築設計とはどういったものなのかを説明しようではないか。

建築士は、簡単に言うと「建築物の設計」「建築工事の監督・管理」を行うお仕事です。建築物の設計では、内装の設計はもちろん、構造設計(安全性や耐震性など)や設備設計(電気や水道、空調など)を行い、それらを基に建築物の図面や仕様書等を作成します。また後者の建築工事の監督・管理は、計画通りに工事が進行しているか、建築主に代わって確認します。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

建築士として働くためには、国家資格である建築士免許が必要です。この建築士免許には一級・二級・木造という種別があり、それぞれ扱える建物の範囲が異なります。

この資格に加えて、内装仕上げ施工技能士の資格であったり、ライティングコーディネーターなど、建物全般が見られて、そして考えられるような資格をお持ちだと、ベストと言えますね。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

テイクス株式会社

企業理念

お客さまの夢や希望を、我々の手で形にしよう!

企業情報

我々の持つ技術を持って、どんな希望でも実現してしまう。これこそが、目指す先です。もちろん、中には「無理でしょう~」という物もあるのですが、それでも近づける。それこそがプロだと思うのです。

求める人材

求人への道に、今回の求人について、詳細を記載しています。専門用語に関するご質問には、お答えしかねます。もちろん、理解した上でのご質問であれば、なんでもお答えいたしますので、ご連絡くださいね。

(C) 求人への道 All rights reserved.