【家具職人】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、津田は言う。|求人への道

最新新着情報

【建築設計】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。 】を10月15日にUPしました。

【家具職人】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、津田は言う。

まずは家具職人とはどういったものなのかを説明しようではないか。

家具職人は基本的に、設計技士が作成した設計図を頼りに、材料となる木材を加工して家具を作り上げるという仕事。もちろん、使用する道具のメンテナンスも仕事に含まれるということは言うまでもあるまい。近年はコンピュータ技術を使用した家具の製造に徐々に移行されつつあるが、オーダーメイドのような一点ものは全工程職人が担当する。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

必須となる資格というのは家具職人にはない。しかし、万一転職をすることになったときのために、「家具製作技能士」の資格は最低でも取得するべきだろう。この資格は家具のデザイン・素材や工具などの専門的なスキルがあることを客観的に証明するためのものだ。また将来的に独立を目指すのであれば、「木材加工用機械作業主任者」という資格の取得は必須だろう(必置資格のため)。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

大野田木工

企業情報

各種家具の製作・販売や、依頼された木製家具の修理・リメイク等を行っている会社。

募集内容

当社では家具設計技士と家具職人見習いを随時募集中。家具設計技士については初回面接の際、芸術的センス等を問う試験あり。また家具職人については、手加工作業での1級家具製作技能士資格保持者は即戦力の職人として採用可。

求める人材

体力や精神力はもちろん、責任感の強い方に来ていただきたいですね。厳しい世界ですが、共にがんばって頂ける方を求めています。

(C) 求人への道 All rights reserved.