【ライター】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、田島は言う。|求人への道

最新新着情報

【建築設計】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。 】を10月15日にUPしました。

【ライター】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、田島は言う。

まずはライターとはどういったものなのかを説明しようではないか。

ライターというのは、大雑把に言えば「取材などで情報を集め、それを基に記事を書き起こす」という仕事。基本的には編集者からの指示のもと、取り上げる企画に沿って文章を書くことが求められる。また「文章を書くだけが仕事」と思われているかもしれないが(もちろんそういう分野もないわけではないが)、インタビューなどの情報収集という仕事も同じくらい必要だということを忘れてはならない。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

ライターは特別資格が必要な仕事ではない。ただ、ライターとしての仕事の幅を大きくするためには、ボキャブラリーや文章の表現力などを磨き上げる必要がある。その能力を確認するための資格としては、例えば「文章読解・作成能力検定」などといったものがあるので、取得しておいて損はないだろう。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

前角出版

企業理念

どこよりも、魅力的な一冊を。

企業情報

週刊誌から学術関連まで、あらゆるジャンルにおける本の制作を手がける出版社。

募集内容

現在は歴史専門誌におけるライターを募集中。経験は不問。文章読解・作成能力検定など、文章作成における資格をお持ちの方は歓迎。

求める人材

教えてどうなるものでもない分野なので、その方の才能重視で採用させてもらいます。求める人物像としては、積極性が強いこと、広い見識を持っていること、独創的な文章が書けることなどが挙げられますね。

(C) 求人への道 All rights reserved.