【コールセンタースタッフ】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、横田は言う。|求人への道

最新新着情報

【建築設計】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。 】を10月15日にUPしました。

【コールセンタースタッフ】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、横田は言う。

まずはコールセンタースタッフとはどういったものなのかを説明しようではないか。

言い換えれば「電話対応の専門スタッフ」といえば分かりやすいだろうか。仕事内容は基本的に「受電(受信)」と「架電(発信)」の2つ。受電業務はお客様からの問い合わせに対する対応(大抵は「解約抑制」)、架電業務は商品案内(事実上の「電話営業」)やフォローがほとんどだ。いずれにしても営業の要素が絡み、しかも互いの顔が見えないため、意外と難易度が高い仕事といえよう。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

求められるというほどの資格ではないが、コールセンター業務における(現時点で)唯一の資格試験「コン検(コンタクトセンター検定)」に合格することによって、コールセンターの実務能力があるということを証明することができ、幾分有利にはなるだろう(ただ認知度はまだまだ低いので、それほど大きな効果にはならないかもしれないが)。もちろん事務職経験の長い人が、無資格でも大きなアドバンテージがあるということは言うまでもない。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

セナンドレック

企業情報

コールセンターサービスを受託しています。

募集内容

ただいまコールセンタースタッフを求人中。無資格・未経験OK(研修でしっかりと教育します)。コン検合格者は大歓迎です。

求める人材

何よりも無欠勤で長く働いてくれる方に尽きます。もちろん、丁寧な言葉遣いや聞き取りやすい速さなど、基本的なスキルがあれば言うことなしです。

(C) 求人への道 All rights reserved.