【就労コーディネーター】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、山田は言う。|求人への道

最新新着情報

【建築設計】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。 】を10月15日にUPしました。

【就労コーディネーター】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、山田は言う。

まずは就労コーディネーターとはどういったものなのかを説明しようではないか。

この仕事はケアマネージャーと同様、福祉系の仕事といって差し支えないだろう。一言で表すならば、「障がいのある方や生活保護を受給されている方を就労に導く」という仕事ということになろう。ここで重要なのは、この仕事の主眼は「各人の就労スキルを高めて、企業から採用されやすくする」というところにあることだ。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

「就労支援」という仕事において特に重宝されるのが「社会福祉士」という資格。名称独占の国家資格で、もちろんこの資格があれば文句はない。しかし、たとえこの資格がなかったとしても、人材育成や福祉での業務経験が十分にあれば、それほど問題ないだろう。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

RITTELU

企業理念

すべての人が自分らしく働ける、そんな社会作りに貢献する。

企業情報

当社は就労支援事業を展開しています。

募集内容

現在は就労コーディネーターを募集中です。社会福祉士資格をお持ちの方、福祉施設での勤務経験が4年以上ある方、各種教育業務の経験が4年以上ある方は大歓迎です。もちろん、いずれも必須ではありませんので、たとえ無資格未経験であっても、応募OKですよ。

求める人材

人を育てるということは、一朝一夕でできることではありません。各人を尊重し、粘り強く、かつ自分から積極的に行動できることが、この仕事では何より求められると思います。

(C) 求人への道 All rights reserved.