【介護ドライバー】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、南部は言う。|求人への道

最新新着情報

【建築設計】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、的場は言う。 】を10月15日にUPしました。

【介護ドライバー】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、南部は言う。

まずは介護ドライバーとはどういったものなのかを説明しようではないか。

介護ドライバーとは、デイサービスなどといった介護施設の利用者を送迎する運転手のこと。基本的には介護施設が所有するワンボックスカーを使って業務を行う。もちろん車椅子利用の方への介助などが業務に含まれる場合も多分にあるので、基本的にただ車の運転をしていれば良いというわけではない(ただし近年は介護送迎車の事故が多発していることから、介護の有資格者が常時送迎車に同乗し、ドライバーは専任にするところも増えているそうだ)。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

車を運転するわけなので当然普通免許が必要だが、介護タクシーとは違い、送迎代金を徴収しているわけではないため、原則二種免許は必要ない(もちろんあれば運転技術の高さを示すことになるので有利)。しかし、利用者の介護業務を行う場合が多いので、運転免許とは別に、初任者研修修了の資格があればかなり有利になるといえよう。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

デイサービスセンターでいらいと

企業情報

「明るい笑顔でいっぱいにする」ことをモットーに運営しているデイサービスセンターです。

募集内容

介護送迎ドライバーを募集します。利用者さまのご自宅と当センターの間の送迎をお願いします。普通免許は必須。AT限定免許OK。二種免許、介護関連資格があれば歓迎します(無くてももちろんOK)。安全に運転できる方であれば、その他の条件については原則不問ですのでご安心ください。

(C) 求人への道 All rights reserved.