【プログラマー】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、木田は言う。|求人への道

最新新着情報

【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、川野は言う。 】を3月16日にUPしました。

【プログラマー】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、木田は言う。

まずはプログラマーとはどういったものなのかを説明しようではないか。

プログラマーの一番のメインとなる仕事は、「C#」や「JAVA」などといったプログラム言語を使用してソフトウェアを作成することだ。流れ的には、システムエンジニアが作成する仕様書(要はプログラムの設計図)の通りにプログラムを作り上げていくのが一般的だ。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

プログラマーになるためには、当然のことながらコンピュータに関する知識や、プログラムを構成するための論理的思考力が不可欠だ。ゆえに、最低限「基本情報技術者」や「応用情報技術者」の資格は取得しておかなければ厳しい。また資格面ではないが、各種打ち合わせに対応できるコミュニケーション能力を持っていることも重要だ。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

ジロマルソフト

企業情報

会計ソフトや顧客管理ソフトなどの事務系ソフトを開発している会社です。

募集内容

プログラマーを数名募集します。「基本情報技術者」以上の資格は必須です。ソフトウェア開発業務経験がある方は優遇します。

求める人材

プログラマーという仕事は、粘り強く、さらなる結果と高みを目指せる方でないと務まらないお仕事です。特に当社のソフトは、いわば企業の基幹システムの一端を担う大変重要な役割となるため、ひとつの不具合も許されないものです。どんな小さなことにも気づける注意力をお持ちで、困難な状況でも耐えられる方に来てほしいと思います。

(C) 求人への道 All rights reserved.