【書店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、中本は言う。|求人への道

最新新着情報

【介護職員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、杉山は言う。 】を2月25日にUPしました。

【書店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、中本は言う。

まずは書店員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

ざっくりと言ってしまえば「書店で本を売る仕事」であるが、コンビニなどのように「ただ商品を販売して終わり」という単純な仕事ではない。もちろんレジの仕事といった仕事は欠かせないが、書店ではむしろ、本のレイアウトや整理などを行う「棚づくり」や、本のオリジナルの広告を作る「POP作成」などの、いわば「売れる書店の環境づくり」がもっとも大切である。当然そのためには書店員一人ひとりの本の知識のアップデートは欠かせない。一流の書店員として活躍するためには、「流行の本を多く売る」のではなく、逆に「自ら流行を作っていく」という姿勢を持つことが必要だ。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

基本的にこの仕事に求められる資格というものはない(むしろ資格などの条件をつけないことのほうが多い)が、強いて挙げるなら「販売士」の資格が一定程度は役立つだろうか。マーケティングや商品管理の知識があることの証明になるので、ほんのレイアウトや業務の効率化に貢献できるようになるだろう。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

時水書店

企業情報

週刊誌などの大衆誌から、学術関係のための専門書、さらにはマニア向けの本まで、幅広く本をそろえている書店です。

募集内容

書店員大募集中。学歴不問。POPなどのデザイン経験や、スーパーなどで売り場を担当した経験をお持ちの方、販売士資格をお持ちの方なら尚可。

求める人材

とにかく本に対して情熱を注げる方に、ぜひ応募してほしいです。

(C) 求人への道 All rights reserved.