【着物販売員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、宮島は言う。|求人への道

最新新着情報

【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、川野は言う。 】を3月16日にUPしました。

【着物販売員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、宮島は言う。

まずは着物販売員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

この仕事は、着物およびそれに付随する小物(帯留めや、着物専用のハンガーなど)を販売するのが主な仕事だ。基本的にお客様と会話しながら、アドバイスやコーディネートをしていって販売に結びつけるという形式になる。

ちなみに着物は普段目にする服とは大きく異なり、いわば「日本文化の象徴」という側面を併せ持つため、いち販売員といえども、店内外の清掃から接客にいたるまで、すべてにおいて和を意識した行動が求められる。いずれにしても着物販売という仕事は、他の衣料品販売とは客層が全く異なるため、根本から性質が違うということを頭に入れておいてほしい。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

着物販売員になるためには、少なくとも着付けなど、着物に関する知識やスキルは一定程度なければならない。それを証明するための資格として「きものコンサルタント」という資格がある。ただし、近年では資格についてそれほど求めない傾向がある。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

愛前着物店

企業理念

着物をもっとポピュラーに。

企業情報

着物専門店です。着物の魅力を広く伝えるべく、着物教室を併設し、また大型商業施設で出張イベントを行うなど、積極的な取り組みを行っております。

募集内容

着物販売員を募集。着物に関する知識や技術をお持ちの方(着物販売の経験者や着物コンサルタント有資格者など)は優遇します。

(C) 求人への道 All rights reserved.