【ドラッグストア店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、木村は言う。|求人への道

最新新着情報

【介護職員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、杉山は言う。 】を2月25日にUPしました。

【ドラッグストア店員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、木村は言う。

まずはドラッグストア店員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

ドラッグストアは、簡単に言えば「医薬品販売店」ということになるが、近年は調剤薬局やコンビニの機能を併せ持つことが多い。基本的な業務としてはレジ業務・接客対応・商品の管理・清掃などと、コンビニとあまり変わりはないが、医薬品の効能などについての説明を求められる場面が多々あるため、薬における知識をしっかりと身につけておく必要がある。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

ドラッグストアのメインである医薬品販売に携わるためには、「薬剤師」か「登録販売士」の資格は必須で、現にそれを条件にして採用しているところは多い。無論、調剤の仕事をしたいなら「薬剤師」の資格が必須となる。また無資格でもドラッグストアでの仕事はできるが、内容はコンビニの業務と大差ないので、前述の資格を取得することを前提に考えている人でなければ、メリットはあまり無いだろう。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

コメナミ薬局

企業理念

健康を皆さまにお届けする場所でありたい。

募集内容

店舗スタッフを募集します。お客さまへの丁寧な接客と医薬品についての丁寧な説明、そして間違いの無い確実な会計作業などをお願いします。なお当求人の応募は薬剤師または登録販売士の資格をお持ちの方に限ります。特に薬剤師の方は大歓迎、給与面でも採用面でも大きく優遇します。なお業務経験は不問。ブランクの長い方でも大丈夫ですよ。

(C) 求人への道 All rights reserved.