【労務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、横山は言う。|求人への道

最新新着情報

【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、川野は言う。 】を3月16日にUPしました。

【労務】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、横山は言う。

まずは労務とはどういったものなのかを説明しようではないか。

以前、「人事」「労務」の互いにつながりが深い2つの仕事のうち、「人事」の仕事について説明した。今回はもう一方の「労務」の仕事にスポットをあててみる。

人事が「従業員を直接操作する」仕事であるのに対して、労務は「従業員が安心して働ける環境を整えて、間接的にパフォーマンスを引き出す」仕事といえよう。もう少し詳しく見ていくと、社会保険の各種手続きや、給与の計算、入社・退職・休職等の手続き、労働上のトラブル対応などが労務の主な業務となる。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

労務の仕事には、勤怠管理や福利厚生などの労働に直結した仕事のほか、社会保険に関する仕事も多々あるため、それらに業務に密接した「社会保険労務士」や「衛生管理者」の資格があれば、かなり有利に働くことは間違いないといえよう。ただし、労務は総務事務などと同じ事務の仕事なので、PCのスキルが必須なことや、事務の経験者が基本的に優先して採用されるということは覚えておいてほしい。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

小角アーキテクト

企業情報

一般住宅から商業施設、オフィスビル、医療機関、テーマパークなど、各種建造物の設計を手がけている建築設計会社です。

募集内容

労務スタッフを募集します。事務経験(労務に限らず、一般事務や経理事務などでも可)が3年以上ある方で、社会保険労務士または衛生管理者の資格をお持ちの方を、本求人の応募条件とします。なお、その他の資格や学歴・年齢・性別に関しては不問です。

(C) 求人への道 All rights reserved.