【介護職員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、杉山は言う。|求人への道

最新新着情報

【生活相談員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、川野は言う。 】を3月16日にUPしました。

【介護職員】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、杉山は言う。

まずは介護職員とはどういったものなのかを説明しようではないか。

介護職員のメインとなる仕事は、ご高齢の方や身体が不自由な方の日々の生活をサポートすることである。もう少し詳しく話すと、食事や入浴など、自分ひとりではできなくなった(または困難になった)ことに対して補助を行うことが主な内容だ。介護の仕事の現場は、主に有料老人ホームなどといった福祉施設や、介護サービス利用者の自宅などとなるが、近年は病院などの医療機関でも需要が高まるなど、ますます必要とされる仕事のひとつだ。

次に、この仕事に求められる資格などをご紹介しよう。

この仕事に携わりたいなら、最低でも「介護職員初任者研修」を修了することは必須だ。もちろん名称独占の国家資格である「介護福祉士」の資格があれば、何の心配も無いだろう。また、運転免許が必要なところも多くあるので、そちらも取得しておいてほしい。

もし、すでにキミが先ほど上げた資格を持っていたとしよう。そしたら、例えばこんな求人に応募することができる。

はぴはぴコート

企業情報

新しくできたばかりの有料老人ホームです。

募集内容

介護スタッフを募集します。入居者さまのお食事や入浴などの介助の他、定期的に行うレクリエーションの企画・実施、施設の清掃、各種事務作業などをお願いします。場合によっては入居者さまの送迎もお願いすることがあります。介護職員初任者研修修了以上必須。普通免許をお持ちの方は優遇。介護福祉士資格をお持ちの方は大いに優遇します。

求める人材

ご入居者様に対してしっかりとした関係性が築けるよう、心配りを大切にされる方にぜひ来てほしいです。

(C) 求人への道 All rights reserved.