カラオケの従業員が持っていると得をする資格。|求人への道

最新新着情報

【車用品店スタッフ】の仕事に応募するなら、最低限この資格は持っておくべきと、吉村は言う。 】を10月7日にUPしました。

カラオケの従業員が持っていると得をする資格。

カラオケ屋の定員に求められている資格は何の資格なのかご存知でしょうか。
これは、カラオケ店に限らず、サービス業で身につけておくとお客様との距離も縮まりますし、信頼も得ることになります。資格の名は、「サービス接遇検定」といいます。この資格は、取得する人が多くはありません。なぜならば、あくまでも基本的なことでありお客様のことを考えて行動が出来ていれば通常営業に問題は無いからです。
ですが、もう一歩踏み込んだサービスを考えているスタッフには必要なスキルとも言えます。

サービス業、今回はカラオケ屋の求人の件ですが、この求人に転職しようと思われている人に便利な資格の一つとも言えます。これを持っているだけで、面接の対応が変わってくることは言うまでもありません。履歴書に書くことで面接官の見る目が変わります。初めての仕事だとしても接遇検定資格保持者と言う事だけで安心が生まれるからです。

この資格ですが、念に2回全国で行われています。1級から3級まであるのですが、試験内容は5段階に分かれており。サービススタッフの資質、専門知識、一般常識の理論は3つで、残り2つは実技で、対人技能と実務技能である。上記の理論と実技の試験結果が各6割を超えれば合格となります。

この資格を取得すれば、基本的にどんなバイトにでも適応できます。

(C) 求人への道 All rights reserved.